集計ソフト クイッククロス|新バージョン QuickCross のご紹介

フォローする

集計ソフト クイッククロスの新バージョン QuickCrossについてご説明します。

▼こちらのご説明です
mceclip1.png

●集計ソフトは2種類のバージョンをご提供しています。
旧バージョンも引き続き利用可能で、両方のバージョンを併用することも可能です。

●Questantで行ったアンケートをクイッククロスで集計できるプラン
:ビジネスプラン/プレミアムプラン/アドホック(クイッククロスのオプション申込み)

<目次>
1. 新バージョンQuickCrossでできること
2. 新バージョンQuickCrossでの廃止機能・未リリース機能
3. そのほか旧バージョンQuick-CROSS3と比較した主な仕様変更点
4. 動画 QuickCross新バージョンのご案内
5. クイッククロスを利用できるプラン


1. 新バージョンQuickCrossでできること



外部データ追加
ユーザーIDをキーとして、回答データ列へ属性データなどを追加できます。
※複数アンケートの結合はできません。

▼ご活用例
システム連携機能でユーザーIDを紐づけたアンケートを実施。
その回答データへ、自社で保有している情報「性別/年代/居住地」などのデータを追加。
⇒アンケート内で回答者へ聴取する必要なく、集計に属性情報を使用できます。

システム連携機能でユーザーIDを紐づけたアンケートで「満足度」を聴取。
その回答データへ、自社で保有している情報「利用頻度」のデータを追加。
⇒満足度と利用頻度の関連性を分析できます。

▼できないこと
複数アンケートの結合はできません。
できない例)年度別の回答データを結合、複数言語の回答データを結合 など

▼操作手順
操作マニュアル p.36~をご確認ください。 >>操作マニュアルのダウンロードはコチラ


その他の特長
検索機能・一括貼り付け機能が搭載され、旧バージョンよりも操作性が向上。
クロス表の出力スピードも向上しました。


2. 新バージョンQuickCrossでの廃止機能・未リリース機能


 

廃止機能 アフターコーディング機能
ローデータの直接編集
PowerPoint形式のデータ出力
コメントの自動出力
クラシックUIの調査票出力
クロス表・グラフ作成の色指定
多変量解析>BSA分析
未リリース機能
※順次搭載予定
多変量解析>因子分析、クラスタ分析、PSM分析、コレスポンデンス分析、CSポートフォリオ分析
縦%表示のクロス集計表の出力


上記の機能が必要な方は、旧バージョンQuick-CROSS3をご利用ください。
旧バージョンも引き続き利用可能で、両方のバージョンを併用することも可能です。


3. そのほか旧バージョンQuick-CROSS3と比較した主な仕様変更点



▼デフォルトのクロス集計表の出力形式
旧バージョン:1ファイルが出力され、シート別にN%表・N表・%表が表示
新バージョン:3ファイルが出力され、ファイル別にN%表・N表・%表が表示

新バージョンで1ファイル内にN%表・N表・%表を出力するには
クロス表・グラフ作成>集計オプションタブで「1シートに複数クロス表」を選んで出力してください。
mceclip0.png


4. 動画 QuickCross新バージョンのご案内






5. クイッククロスを利用できるプラン



202003_____________.png
アドホック」申込でも利用可能です。(オプション機能)

>>料金プランについて


▼ こちらもご参照ください



新バージョンQuickCrossダウンロードページ

新バージョンQuickCrossで旧バージョン「.qc3」形式のデータを開く方法


 このページの先頭へ 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント