回答者の特定方法(誰がどの回答をしたのか把握したい)

フォローする

Questantでは、デフォルトでは回答者を特定するための情報を取得することはできません。

そのため、回答者を特定したい場合は、
以下、2通りの方法どちらかで実施していただくようになります。


【1】システム連携  *ビジネスプラン以上/アドホック(オプション申込)で対応可能

アンケートURLの末尾に、社員番号や顧客番号などの任意のユーザーIDを埋め込むことで、
埋め込んだユーザーIDが回答データに追加される機能です。

これにより、ユーザーIDと回答データを紐づけて、
どれが誰の回答か特定できるようになります。

【利用シーン】
メールで会員や従業員などに配信し、個人情報を入力してもらうことなく特定したい。

>>システム連携の機能を詳しく見る


システム連携を利用できるプラン                 >>料金プランについて
202003_____________.png
アドホック」申込でも利用可能です。(オプション機能)



【2】アンケート内で個人情報を取得する質問を設ける  *全プランで対応可能

アンケート内で、メールアドレスや住所などの個人情報を質問として作成し、
聴取を行います。

【利用シーン】
QRコードやSNSなどで不特定多数の方から回答を集める際、
(回答者情報を保有していないため)個人情報も聴取したい。

※アンケート内部で聴取される個人情報の取り扱い・管理責任につきましては、
Questant利用規約 第5条(第1項)、および第10条(第4項、第5項)に
記載させていただいております通り、ユーザー様に帰属いたします。
そのため、実施するアンケートにおける個人情報取得(聴取)につきましては
御社のプライバシーポリシー、セキュリティポリシーに準拠しているか等を含めて
実施のご判断をお願いいたします。


<補足>
メール配信機能ではメールアドレスを回答と自動に紐づけしたり、自動取得するといった機能は備えておりません。


このページの先頭へ

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント