【システム連携 (顧客情報と回答データを紐づけて回答者を特定する)】機能のご紹介

フォローする

アンケートURLの末尾にユーザーID(顧客情報)をパラメータ(変数)として埋め込むことで、
回答データに、埋め込んだユーザーID(顧客情報)が追加されます。
これにより、顧客情報と回答データを紐付けて、どの回答が誰の回答か特定できるようになります。

※ユーザーIDはローデータに追加されますが、WEB画面上でのグラフ表示/クロス集計/フィルタなどはできません。
 

この機能を利用できるプラン                    >>料金プランについて
202003_____________.png
アドホック」申込でも利用可能です。(オプション機能)


<手順>
①告知画面で「システム連携」をクリックします。

 

 

②「回答者のユーザーIDをアンケート結果に追加」にチェックを入れ、
 必要があれば、「ユーザーIDが取得できない回答者は回答できなくする」、
 「1つのユーザーIDから1回だけしか回答できなくする」をチェックします。

 

 

③ユーザーID(顧客情報)をアンケートURLに埋め込み(STEP1)、
 回答者に告知(アンケートを配信)します(STEP2)。

 

<ユーザーIDに使用できる文字/文字数> 
 半角英数字で100文字まで 

<ユーザーIDに使用できない文字> 
 スペース、タブ、&、#、%、/ 

 

STEP1:回答者ごとのユーザーID(顧客情報)を、URLに埋め込みます。
例)以下のような、各人に異なるユーザーIDが割り当てられた顧客情報のリストがあるとします。

 

STEP2:ユーザーIDを埋め込んだURLを回答者ごとに送信します。

※システム連携を使用した一括アンケート配信はこちらをご参照ください。


 

 

④アンケート結果にURLに埋め込んだユーザーID(顧客情報)が追加(紐づけ)されます。

※アンケート結果画面にユーザーIDは表示されません。
 ローデータにて確認可能です。
 アンケート結果のダウンロードについてはこちら

 



<使用例>
●個人情報を入力してもらう事なく回答者を特定する
 *ポイントや回答謝礼を付与する場合など

●未回答者を判別し、リマインドを行う

 

【補足】

Questantのメール配信機能以外でメール配信を行う場合も以下の内容を満たしていただければ

回答データにユーザーIDが格納されます。


●Questant上で「システム連携」の機能がONになっている
●回答時のURLが以下の形式となっている
 https://questant.jp/q/ABCDEFG?id=XXX
 ※?id=以前…Questantで自動発行される回答用URL
 ※?id=以降…お客様にて任意で付与されたユーザーID

 

このページの先頭へ

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント