アンケートの適正ボリュームについて

フォローする

アンケート内の質問数や選択肢数が多すぎる場合、

「途中で回答をやめる人の増加」「自由回答の書き込み量の減少」

「複数回答質問のチェック数減少」などの影響が発生しやすくなり、

質の高い回答データが得られない可能性があります。

 

弊社では以下のボリュームを推奨しており、

こちらの目安を超える場合には、アンケートを分けて実施することをお勧めしております。

 


Questantの推奨アンケートボリューム

 

【1】ひとつのアンケート内

・回答所要時間        : 15分以内

・合計質問数         : 20問以内

・マトリクス形式の質問数   : 8問以内

・自由回答形式の質問数    : 3問以内

 

【2】ひとつの質問内

・選択肢数          : 20個以内

・マトリクスの選択肢(項目)数 : 縦 20個 × 横 7個以内

 


参考

 

【回答者が負担を感じる / 正確に回答できない調査の要素】

・すべて回答するのに時間がかかる

・質問数が多い

・選択肢の数が多すぎる

・マトリクス形式の質問でチェック項目数が多い

 

【負担を感じず丁寧に回答できる質問数 (平均) 】

・負担を感じず丁寧に回答できる質問数      : 18.4問

   

  <質問形式ごとの負担を感じることのない質問数>

   ∟商品名や企業名などの単語を回答する質問数 : 7.2問

   ∟理由や動機などを長い文章で回答する質問数 : 5.8問

   ∟マトリクス(1つ選択) 形式の質問数    : 9.9問

   ∟マトリクス(複数選択)形式の質問数    : 8.1問

 

・途中で回答をやめてしまう質問数         : 36.8問

 

 _____.PNG

 


ご留意点

 

Questantは「ライトなアンケートを想定したセルフ型のアンケートツール」となり、

上記サービス定義に準じたシステム仕様を採用しております。

 

そのため、推奨ボリューム以上のアンケート実施に関しては、

いちじるしく動作が遅くなる可能性がございますので、ご注意ください。

 

なお上記ボリュームを推奨としておりますが、

ご利用の端末機器によりデータ処理能力が異なるため、

この数値は動作を保証するものではございません。

 

アンケート実施前には、必ずテスト回答データのダウンロードなどをお試しいただき、

データの反映や、結果の見え方を事前にご確認ください。

 

なおこちらは参考情報となりますが、Questantの提供元となります株式会社マクロミルは、

Questant以外にも、リサーチに関する様々なソリューションをご提供しております。

Questantで実現が難しいことに関しましては、 

株式会社マクロミルが提供する他のソリューションのご利用もご検討くださいませ。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント